So-net無料ブログ作成
検索選択

エボラ出血熱は日本での薬が注目!?海外の反応はどうなのでしょうか。 [対策]




エボラ出血熱の2次感染が広がりを見せていますね。

s03.jpg
http://gigazine.net/news/20140813-ebola/


米テキサス州ダラスの病院で、エボラ出血熱に感染し死亡した男性を担当していた
女性看護師がエボラ出血熱にかかりました。


最新の情報によると、感染した看護師の防護ガウンには首や手首が露出されている 簡易タイプで、且つ実施訓練もされていなかったようです。


アメリカのCDC(米国疾病対策センター)と言えば、感染症対策では世界中から
一目置かれる組織のようなのですが、ここが感染防止に失敗した場合、手の施しようが
無くなる状況になります。


今回の対応について、末端まで対応マニュアルなど情報が落ちてこなかった事が
問題なのでしょうね。

日本でも末端まで情報が落ちてこないことがありますよね。


非常に怖いことです。


また、看護師は微熱がある状態で、隔離される前日に民間機に搭乗した事も
明らかになっています。


今後、拡大する可能性があるのではと思われますね。


また、アメリカに続いてスペインでも二次感染の報道がありました。


エボラ出血熱について少しまとめてみました。



■エボラ出血熱について


エボラ出血熱は、エボラウィルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。


出血熱の一つになります。


s03.jpg
http://gigazine.net/news/20140813-ebola/


出血熱はウイルス性出血熱とも呼ばれています。


特に、エボラ出血熱、マールブルグ熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱は


4大出血熱と呼ばれ、その中でも最強のウイルスエボラウイルスなのです。


初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月、スーダン(現:南スーダン)の
ヌザラ (Nzara) という町で、倉庫番を仕事をしていた男が39度の高熱と頭や腹部の
痛みを感じて入院。


その後消化器や鼻から激しく出血して死亡。


数日後、その男の近くにいた2人も同様の症状がおき、それを発端として
血液や医療器具を通して感染が広がりました。


1.jpg
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPKBN0FL08F20140716


ヌザラという待ちで起こった最終被害は、感染者数284人、死亡者数151人
の状況です。


感染した最初の男の出身地付近、当時のザイールのエボラ川から
エボラウイルスと名づけられました。



病気についてもエボラ出血熱と名づけられました。


このエボラ出血熱はその後もアフリカ大陸で突発的に10回発生し、感染した時の
致死率は50 - 90%と非常に高いウイルスです。




一度発症すると感染率が高く、また、現状の科学ではエボラウィルスの増殖を
防ぐことが難しいようです。



■日本の薬で治癒した?


リベリアでボランティアとして活動していたフランスの女性看護師が
エボラ出血熱に感染しましたが、回復したとの記事があります。


パリ郊外の軍の病院で、未承認薬を試験的に投与されていたようです。


仏保健省は、3種類の未承認薬の使用を許可しているようで、
富士フイルムホールディングスの傘下の富山化学工業によると、
抗ウイルス剤「アビガン(Agivan)」が使われたとの事です。


この薬は日本で今年の3月に、インフルエンザ治療薬として
承認されていたもののようですが、仏政府では、この看護師の治療に「アビガン」を
使ったかは公表しない方針のようです。


ただ、この情報が流れ富山化学工業の株価は上がっていますよね。


今、非常に期待が掛かっているでしょうね。


■日本での対策は?


現時点、医療従事者向けに説明会が先日行われたばかりのようです。


現状では、、バイオセーフティーレベル4(最高度)に感染した患者の
対応施設などが無い状況ですので、もし感染した場合は、対応の遅れや
感染の拡大など起こりえる確率が高いのでは無いのでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

チャタテムシの発生時期や駆除 方法について!! [対策]



じめじめした季節に発生するチャタテムシ。


本棚や畳の下、またはダンボールなどに見受けられますよね。


2.JPG
http://www.1800.co.jp/lab/2013/08/post-54.html


一度は目にしている住まいの害虫ですね。


少し調べてみました。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

RSウイルス感染症とは!ピークについて [対策]



RSウイルス感染症とはRSウイルスの感染による呼吸器の感染症のことです。


日本を含め世界各国に分布しています。


生後1歳までに半数以上、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに1度は感染するとされています。


どのような症状なのでしょうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...